石川県口腔インプラント研究会

インプラントとMRI

歯科用金属のMRIへの影響について特にインプラントを装着されている場合、医科の先生や患者様から尋ねられることが増えています。

MRI撮影時の問題は

1. 歯科用金属よって生じるMRI画像の歪みや信号消失という画質低下(ア-チファクト)と
2. MRI撮影によって生じる歯科用金属の吸引事故や発熱という安全性の問題や磁力の低下の心配
とに分けられます。

1.のMIR画像のゆがみや画質低下について

非磁性の金や白金加金(多くは自費治療のいわゆる金歯)、金銀パラジウム合金(多くは保険治療のいわゆる銀歯)、チタン(インプラントや自費の入れ歯)等の歯科用金属では、CTと比較してはるかにその影響は少ないです。しかし磁性ステンレスやニッケル、コバルトクロム(矯正装置・一部の保険治療での銀歯・入れ歯のバネや骨格)等は著名なア-チファクトを呈し、磁性体の近くにある口腔周囲組織の診断は不可能となります。
口腔から離れた部位、例えば脳のMRI診断は、磁性体の存在する部位やMRI装置の磁場強度、撮影法の違い等によっても異なります、たとえば磁性アタッチメントのキ-パ-(磁石式入れ歯の口腔内に存在する部分)によってMRI画像に生じるア-チファクトの広がりは、スピンエコ-法ではおよそ半径4~8㎝の範囲であることが報告されています。

2.の安全性について

強磁性体の金属であっても、歯や顎骨にしっかり固定さるものであれば、MRI検査中にはずれる心配はなく、安全性に問題はありません。ただし予期しない事故を防ぐために、検査前にその装着状態を良く確認してもらっておくことと、入れ歯ならその入れ歯ははずして検査を受けること、取り外しの可能なインプラントのキ-パ-ならば事前に歯科医にはずしてもらうことです。
また、磁性非磁性にかかわらず、歯科用金属が原因でMIR検査中に火傷を生じることは考えにくいです。
さらに、MRI検査によって磁性体の磁力が低下することはありません。

 以上のように口腔内に装着された歯科用金属は、MRIの画質を低下させることがあっても、装着自体に問題がない限り、検査の安全性には影響しません。しかしMRI検査の現場では、歯科用金属についての知識不足のために必要な検査が実施されないという問題が生じています。特に磁性アタッチメントについては誤解が多く、取り外しのできる入れ歯をはずせば安全に検査可能であるにもかかわらず、検査を拒否されるケ-スも少なくないようです。

 -日本歯科医師会雑誌 参照-
PAGETOP
Copyright © 石川県口腔インプラント研究会 All Rights Reserved.